病気治療中 薬服用中 脱毛


main_top
今すぐチェック

病気治療中や薬を服用中の脱毛

脱毛を始めると、2~3ヶ月に1度通うだけですが、通っている間の病気や薬を服用する際は注意しなければなりません。

病気や服用する薬によっては脱毛できないこともある

サロンでの脱毛はムダ毛にだけダメージを与えますが、病気など体調が万全ではない場合は、悪影響を与えてしまったり、肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

一般的に施術できないと言われる病気を挙げてみましょう。

(脱毛を断られる病気)

・B型肝炎やC型肝炎、心臓病、肝臓病、甲状腺疾患、糖尿病などの内科系疾患の方

・ケロイド体質、光過敏症など皮膚科系疾患の方

・ガンの既往症がある方

・てんかんの既往症がある方

・緑内障の方

ただし、これらは病気の状況や服用している薬によっては、脱毛できる場合もあります。

まずは、かかりつけの医師に相談してみましょう。

通常は、健康状態が万全の状態で脱毛するのが一番となります。

これ以外の病気や薬を服用している場合も安全の為必ず確認を取るようにしましょう。

市販薬や予防注射もご注意を

風邪などで市販薬を服用してしまう場合もあるかもしれません。

市販薬の中にも服用して、脱毛することで、いつもよりも痛みが強くなってしまったり、肌荒れやひどいと色素沈着になってしまうなんてこともありえるんです。

予約日前後に服用する際はサロンにしっかり相談しましょう。

余裕があれば、事前に予約を変更しましょう。

体調が悪いのに無理して脱毛しても、満足いく脱毛になるとは限りませんからね。

また、予防注射も安全の為、1週間前後空けるようにするサロンが多くなります。

しっかり確認し、脱毛の予約日と重ならないようにスケジュールを立てるようにしましょう。

くれぐれも病気や薬を服用していることを黙って脱毛することのないようにしましょうね。

また、途中でやむを得ず脱毛中止になってしまうこともあるかもしれません。

万が一の為に、返金制度があるかどうかも確認しておけば、損することもありませんね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 天王寺@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.