脱毛の歴史


main_top
今すぐチェック

脱毛の歴史を見てみよう

どちらかと言うと豆知識の分野になってしまいますが、脱毛の歴史を少し振り返っておきましょう。

その歴史は非常に深く、5〜6千年前には既に脱毛が行われていたのではないかと言われています。

その当時もどうやらムダ毛を処理するために脱毛が行われていたらしく、女性の感覚というのは今も昔もそう大差ないんだなと、なんだか深く考えさせられます。

しかし脱毛の技術に関しては当然今よりもだいぶ劣っていたと言えるでしょう。

大昔に主流だった脱毛は石灰などを主成分として作られた液状のものを使用し行われていたと文献には残っているようですが、今で言うワックス脱毛に近い施術方法だったと考えられています。

当然痛みは今よりも激しいでしょうし、この脱毛方法によって逆に肌を傷めてしまった女性も多くいたと推測されます。

その歴史よりは少し進みますが、あのクレオパトラもやはり脱毛していたと言われています。

手段としてはワックス脱毛を利用していたとされていますが、しかしエジプトの遺跡からはカミソリと思われる道具が発見されているので、もしかしたら肌から出ている部分の毛を剃ることでムダ毛の処理をしていたのかもしれません。

日本で脱毛が行われたと確認されているのは平安時代だと言われています。

余計な毛を抜いていた、つまり毛抜きのようなものを使用し脱毛していたと考えられているので少し原始的ではありますが、しかし今にも通ずる脱毛方法を既に行っていたとも言えるでしょう。

江戸自体には既にデリケートゾーンの脱毛が行われていたといいますから驚きです。

しかしその手法は過激そのもの。

石と石で毛を挟んで切断したり、火を使って徐々に短くしムダ毛が目立たないようにしていたらしいですから、命がけとまでは言いませんがかなりリスクを背負いながら脱毛していたことがわかります。

19世紀に入っても意外と原始的な手法を使って脱毛が行われていましたが、永久脱毛を目指す傾向も現われたため、例えば針を刺して毛穴そのものを潰したり、劇薬を塗って再生機能を奪ったりなどの強引な手法も横行しました。

やがて針を刺した部分に電気を流すことで永久脱毛の効果が期待できるという発見があり、その後改良が加えられ、今のニードル脱毛の原型になったと言われています。

今では当たり前のように行われているレーザー脱毛の歴史は30年ほどですから、人類の脱毛の歴史から見るとだいぶ浅いことがわかりますね。

しかしだからこそ現代に生まれてよかったとも思えるのでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 天王寺@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.