脱毛クリーム ワックス脱毛


main_top
今すぐチェック

脱毛クリームVSワックス脱毛

自己処理の方法として、カミソリや家庭用脱毛器以外に脱毛クリームやワックスがあり、女性ならば一度はどれかの方法で行った事もあれば、現在も行っている人もいるでしょう。

自己処理の魅力と言えば、サロンに通う事無く自分の都合で気軽に処理できる魅力や経済的負担の軽減があるものの、処理ムラや黒ずみ・毛穴が開き目立ってしまうという事や、肌トラブルを起こす場合もあり、プロのようなきれいには中々、ほど遠いのは当然です。

でも、素人から他の女性を見ても、自己処理?サロン?クリニック?処理ムラなどを一目では判断できず、見える部分の脚・顔・腕、夏場になればワキ・背中を見ても皆さん、きれいな美肌で、中にはきっと自己処理の人もいるでしょうが、本当に何処で処理されているのか分かりません。

自己処理では困難な部位は、サロン・クリニックと上手く使い分けている人もいるでしょうね。

そこで、ここでは自己処理のクリームとワックス脱毛についてお話します。

脱毛クリームとは、ムダ毛処理したい部分にアルカリ性のクリームを塗布すると、数分後には科学反応により毛が溶けムダ毛を拭き取れば完了し、非常に簡単・短時間・何時でも気軽にでき、お肌への刺激や負担・痛みもありません。

気を付けなければならないのは、効果は個人差もありタンパク質をクリームを塗布することで溶かし、皮膚への影響や肌かぶれが起こる場合もあり効果の持続性はなく、広範囲で脱毛しようと思うならばお金・時間も必要となります。

もう一つの脱毛ワックスもクリーム同様、簡単・気軽・短時間ででき毛を抜き取る方法で、温めたゲル状のワックスを脱毛部分に塗り冷えると固まり毛と一緒に剥がすため、剥がす際に多少お肌に負担と痛みも生じますが、効率的で脱毛効果の持続に期待できる反面、毛穴の奥を傷付けたり毛穴を広げてしまうというリスクが付き物です。

しかし、脱毛ワックスは蒸しタオルより密閉性が優れ保温効果もあり、毛穴の奥まで柔らかくし脱毛後は潤いを実感できるのですが、自己処理の典型的な肌トラブルでもある毛穴の炎症や埋没毛などを起こす事が多いのです。

特に敏感肌の人は、細心の注意を払いながら行わなければなりません。

そして、当然、クリームやワックスであろうが脱毛後のお肌を清潔に保ち、保湿ケアをしっかりとしておかなければ肌トラブルの原因を引き起こしてしまいます。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 天王寺@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.