脱毛 出来ない場合


main_top
今すぐチェック

脱毛が出来ない場合って?

自己処理には限界がありプロのようにきれいに仕上がらず、処理ムラや毛穴が目立ったり黒ずみが残ったりと、気軽にコストも安くできるけれど満足の結果は得れない事が多いと思います。

そこで、安全性も高く痛みが少なくお肌にも優しい脱毛エステサロンで主流の光脱毛ですが、脱毛をしたいと思っても脱毛ができない場合もあります。

日焼けした肌は脱毛効果が薄れ脱毛ができない場合もあり、その理由は光は色の濃いものに反応し日焼けしている肌は、メラニン色素が脱毛時に強い痛みや腫れることあるのです。

妊娠・生理中の女性もホルモンのバランスが崩れている状態で、敏感肌にもなっているので普段は痛みを感じなくても痛く感じ、肌荒れも起こしやすくなっています。

持病や風邪を引いている・微熱がある・体調不良の人も受けれない場合があり、脱毛する前には必ず医師の許可をもらってから受けるようにしましょう。

・タトゥーの人は、カラーの部位は基本的に脱毛は断られますが、エステサロンによっては色の違いによって脱毛をしてくれる所もありますが、本来はお断りしているので脱毛はできないと思っておいた方が良いでしょう。

このように、誰にでも脱毛ができるのではない事も、事前に把握しておく事も大切ですね。

他にもたくさんある脱毛できない場合を把握しておこう

実はこれ以外にもまだまだたくさん脱毛できない場合がありますので、詳しく挙げていきましょう。

こんな理由で脱毛できない場合も・・・

・剃り残しがあった場合

通常、脱毛サロンへ行く前にシェービングをご自身で行っておく必要があります。

万が一剃り残しがあった場合、その部分は施術できないこともあるので気をつけましょう。

・予防注射を受けていた場合

健康であっても、インフルエンザなどの予防注射を受けている場合は、安全第一を考え脱毛前後の1週間は控えましょう。

・飲酒している場合

飲酒している状態での脱毛は断られることもあります。

アルコールの摂取で肌温度が上がり、肌トラブルが起こりやすくなってしまうだけでなく、痛みも強くなってしまいがちです。

また、冷静な判断ができないことで正常な施術が受けられないなんてこともありますからね。

・メイクをしている場合

メイクをしたままでは脱毛することはできません。

脱毛サロンによっては、油分が多いクリームなども脱毛前に使用しないように注意している所もあるので、カウンセリング時に確認しておくと安心ですね。

・運動してきた直後

運動してきた直後も、飲酒と同様肌温度が上がり、火傷など起こしやすくなってしまいますので、気をつけましょう。

・肌に傷や炎症がある場合

脱毛する箇所に、傷や炎症で肌が荒れている場合は施術することができません。

ケガや肌荒れを起こさないようにしっかりと注意しましょう。

・シミ・アザ・ほくろ部分

フラッシュ脱毛では、シミ・アザ・ほくろなどの色素が濃い部分は施術することができません。

施術時には、保護テープなどで光が当たらないように脱毛していきます。

薄いシミの場合は、施術可能な場合もあるのでカウンセリング時に聞いてみましょう。

フラッシュ脱毛で施術不可だけど、脱毛したいという人は、天王寺でも人気第2位のTBCならニードル脱毛でほくろやアザのムダ毛もすっきりできますよ。

・遅刻して来た場合

10分以上遅刻した場合は施術できないなど厳しい脱毛サロンもあります。

予約制でスケジュールがあり、次の利用者もいますからね、

このようにたくさん脱毛できないことがありますが、ちょっと気をつければ避けることができるものばかりです。

予約してわざわざ通ったのに、施術を断られた・・・なんてことにならなってしまうと、交通費も無駄ですし、キャンセル料がかかってしまうこともあるのでしっかり注意して気をつけましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 天王寺@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.