昔の脱毛


main_top
今すぐチェック

昔々の脱毛について

昔々の人々も自分のムダ毛が気になって脱毛を行っていました。

紀元前の頃から、ヨーロッパを中心に油脂やデンプンを使って脱毛を行ったり、青銅のピンセットのような器具を使ったりした形跡が、現代に残っています。

かの有名なクレオパトラも脱毛を行っていたそうです。

アラビア人は縄を体の皮膚にこすりつけ、そして毛を抜いていたとも言われています。

平安時代の日本でもハマグリを脱毛のために用いていました(額の生え際を整えるための脱毛など)。

永久脱毛のきっかけは、さかさまつ毛の治療を行うためでした。

まつ毛が逆さに生えてくる。

つまり眼球に向かって生えてくるので、眼を傷めやすい症状です。

これを治療するために、米国の眼科医 チャールズ・E・ミッチェルが毛根の奥の組織を破壊する電気脱毛を発案しました。

1875年のことです。

電気脱毛が強い永久脱毛効果を持っていることが示され、美容目的で使用されるようになっていきました。

その後、X線による脱毛や脱毛クリームによる脱毛といった歴史を経て、現代のような光脱毛やレーザー脱毛が普及しています。

昔の人々も自分のムダ毛が気になったんですね!

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 天王寺@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.