脱毛時 赤み 原因


main_top
今すぐチェック

脱毛時に起こる赤みの原因として考えられるもの

脱毛時の赤みについて

脱毛サロンの多くで用いられている脱毛方法は、フラッシュ脱毛というものです。

これは、ムダ毛の毛根部に含まれるメラニン色素のみに反応する特殊な光を用いて、熱によるダメージを与えて根こそぎ処理していく方法になります。

このフラッシュ脱毛は、肌への安全性が高く、トラブルが起こるリスクが低い方法として人気を集めています。

ですが、肌トラブルが起こる可能性はゼロではありません。

そんな肌トラブルの中でも、特に多くの人が経験するのが、肌の赤みです。

この赤みが起こる原因として考えられるのは、施術後の肌に熱を帯びている状態であるということですね。

高温の熱を用いたフラッシュ脱毛では、どうしても施術後の肌が火照ったような状態になってしまいます。

これは軽い火傷を負ったような状態と考えると分かりやすいですね。

そのため、肌が赤みを持ってしまうことが多いのです。

この赤みに関しては、クールダウンしてあげることで、ほとんどの場合はおさまります。

冷たく冷やしたお絞りなどを当てて、赤みや火照りが引いてくるまで冷やしてみましょう。

このような方法で対処してもおさまらない赤みに関しては、他に何らかのトラブルを起こしている可能性があります。

例えばアレルギー。

脱毛時に用いるマシンの金属や、化粧品によるアレルギーを起こしてしまった場合、蕁麻疹などの症状を起こす可能性があります

これが原因で、脱毛後の肌に赤みが出ることがあるのです。

ただの赤みではなく、膨れている様子などがある場合には、アレルギーを起こしている可能性があるので注意が必要です。

それから、なかなか治癒しない赤みは、火傷を起こしているということも考えられます

火傷に関しては、放置して治癒するとは限りません。

悪化してしまう恐れもあるので、できるだけ早めに医療機関を受診しましょう。

脱毛後の赤みには、様々な原因が考えられます。

クールダウンしてみても症状が改善しない場合には、悪化を防ぐためにも、自己判断せずに、迅速に脱毛サロンや医療機関に相談してみましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 天王寺@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.