脱毛後の注意点 体温の上昇


main_top
今すぐチェック

脱毛後の注意点は体温の上昇に着目して!

脱毛後の体温の上昇について

現在、脱毛サロンの多くで実施されているフラッシュ脱毛という方法は、肌への安全性が高い方法といわれています。

ですが、この方法は高温の熱を毛根に加えることにより、ムダ毛を処理していくというものです。

そのため、肌にはどうしても熱によるダメージが伝わってしまいます。

施術後には赤みや火照りといった症状が出やすくなり、これを軽減するために施術部位を冷やすというケアが行われます。

そんなフラッシュ脱毛を受ける際には、スタッフから「施術後の注意点」についていくつかアドバイスを受けます。

飲酒はしないこと、激しい運動は禁止、入浴はしないこと・・・

これらの脱毛後の注意点に共通しているのは、体温を上げてしまう可能性があることをしてはいけない、ということです。

つまり、施術後に体温が上がってしまうと、肌トラブルが起こるリスクも高くなってしまうということなのですね。

飲酒、激しい運動、入浴等により体温が上昇すると、赤みや火照りといった症状が強く表れる可能性があります

また、血行が良くなることで痒みを感じ、脱毛部位を掻き壊してしまうリスクもあります。

これらの点から、脱毛後の注意点には、体温の上昇を防ぐようにという観点で設けられているものが多いのです。

体温というと、「冷えは万病の元!」「低体温は太りやすい」など、高い方が良いようなイメージが強いですよね。

そのため、日常的に体温を高めるための工夫や、冷えを解消するための努力をしている人は少なくないでしょう。

そんな体温ですが、脱毛を受けた後に限っては、高くなってしまうとかえって悪影響なのです。

この時だけは、あまり体を温め過ぎないように工夫したいですね。

体温が高くなれば汗をかきやすくなり、脱毛部位の衛生状態も保ちにくくなります。

特に春・夏の脱毛を楽しむ場合には、施術後にはできるだけ涼しい場所で過ごし、体温が上がり過ぎないように気を付けましょう。

どうしても体温が上がり、脱毛部位に赤みや火照りを強く感じてしまう時には、水で絞ったお絞りを冷蔵庫で冷やし、これを脱毛部位に当ててクールダウンする対処法を行ってみましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 天王寺@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.