脱毛に通いたいけど通えない人の救世主となるのが自己処理です。

手軽にできて1回のコストは安上がりで済むため、とっさの時にはかなり重宝できる存在です。

ただ自己処理は間違った方法をしてしまうと、かえって肌荒れの原因になったりしてしまいます。

そこで自己処理をする際に気を付けるべき事を5つご紹介していきます。

1.抜くのはご用心!

自己処理の一つに毛抜きがあります。

ピンポイントで狙えるメリットはあるものの、毛抜きは肌に深刻なダメージを与える事が知られています。

特に毛抜きばかりした肌はシワの原因になりやすいため、自己処理の際は毛抜きを避け、シェーバーで剃る方法を優先させましょう。

2.使うなら電気シェーバーがオススメ!

シェーバーによる自己処理は電気シェーバーを扱うのが賢明です。

カミソリによるシェーバーは余分な力が入ったりして、必要な角質を無駄に削ぎ落す危険性があります。

またカミソリは保管方法が難しく、目に見えないレベルでカビが付着しやすいデメリットもあります。

少しでも清潔な自己処理を目指すなら、お手軽で安全な電気シェーバーを利用してみましょう。

3.体調の良い時に処理すべし!

ムダ毛処理は体調の良い時に行う事で、肌への負担をグンと抑える事が可能です。

そこで体調管理には日頃から気を付け、体調の良い日を見て行うよう心がけましょう。

また体調管理の一つとしてアルコールを控える時も大切です。

アルコールは体温を上昇させるため、自己処理との作用で肌荒れを起こす事がよくあります。

自己処理するタイミングにはくれぐれも気を付けましょう。

4.自己処理の後は冷却を行おう!

自己処理した後の肌は、目に見えないレベルで荒れている事がよくあります。

そこで処理後の肌には必ず冷却処置を行うよう心がける事が大切です。

ただし冷却ジェルや冷却ローションは、人によって肌荒れを起こす場合も考えられます。

なるべくは冷やしたタオルやシャワーを使い、優しく肌をクールダウンするよう意識してみましょう。

5.手の届かない場所はサロンを頼ろう!

最後に自己処理では手の届かない場所が必ず出てきます。

特に背中やうなじは自ら処理する事が困難なため、そこは脱毛サロンを上手く活用してみましょう。

サロンによる施術は部分脱毛と全身脱毛の2タイプがありますが、目的に応じたサロンを各自が選んでみると良いでしょう。

また初めてのサロンは無料体験を利用して、お店やスタッフの雰囲気を確認した上で検討してみると良いでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 天王寺@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.